ダイエット・美容ガイド!

敏感肌と乾燥性敏感肌の対策法
HOME >> 敏感肌と乾燥性敏感肌の対策法  ※リンクについて(運営者)

敏感肌と乾燥性敏感肌の対策法

.

敏感肌の原因は何?

最近化粧品がお肌に合わない、ひりひりする、炎症を起こしている、などといった症状が出ることはありませんか?それは敏感肌になっているのかもしれません。敏感肌とは決まった定義はありませんが、化粧品の成分が原因だったり、ストレスや季節の変わり目、乾燥した空気、ダニ、ハウスダスト、雑菌、シャンプーや整髪料などが原因で、角質層のバリア機能が正常に働かなくなり、お肌が過敏に刺激を受けやすくなっている状態を敏感肌と言っています。また、他の人には何の影響もない特定の物質が原因でアレルギー反応を起こすのも敏感肌の一つです。紫外線が原因で肌荒れを起こす敏感肌もあります。皮膚にメラニンが少なかったり、皮膚が薄く、乾燥しやすいお肌が原因です。にきび肌も敏感肌の一つですね。アトピー性皮膚炎も敏感肌の一つ。皮脂の分泌量がとても少なく、角質層の水分保持力が弱いことが原因と考えられています。


ページのトップへ ▲

乾燥肌と敏感肌の違い

乾燥肌と敏感肌。違いはあってもどちらも特に女性にとっては気を遣わなければならないものです。乾燥肌も敏感肌もなかなか違いはつきにくい、という場合も少ないでしょう。乾燥肌というのは、基本的には外部からの刺激や空気の乾燥などで、保湿機能や角質層のバリア機能が低下し、角質がはがれやすくなり、肌の表面が乾燥する状態を乾燥肌といいます。敏感肌というのは、乾燥肌と違い、化粧品などに含まれている成分や刺激が原因でお肌が異常に過敏に反応を起こす状態を敏感肌といいます。原因に違いはありますが、乾燥肌と敏感肌の両方の状態を併せ持つことを乾燥敏感肌といいます。また、乾燥肌の人が乾燥敏感肌になってしまうケースもあります。原因に違いはあっても、お肌のトラブルの状態であることには違いありません。対策法の違いをしっかり学んで健康な美しいお肌を保ちましょう。


ページのトップへ ▲

正しいスキンケアで敏感肌の赤ら顔の改善

毛細血管を流れる血液が表皮を通して見える。これが赤ら顔の原因になるわけですが、頬には腹部の約5倍の毛細血管があるといわれていますので、ほてりやすいのです。また、表皮の薄い敏感肌は刺激を受けやすいので、赤ら顔になりやすいといわれています。こういった赤ら顔のメカニズムから、敏感肌の美白スキンケアやピーリングなどの改善方法では、赤ら顔の改善は難しいでしょう。しかし、敏感肌の赤ら顔の改善には、スキンケアの方法を見直すことが改善の一つの方法でもあります。間違った化粧選び、洗顔方法などが敏感肌をより傷めてしまい、それが赤ら顔の原因になっている場合があるのです。赤ら顔や敏感肌専用の化粧品もいろいろ出ています。それらは無添加だったり、敏感肌に効く美肌成分が入っていますので赤ら顔の改善につながります。そういった敏感肌や赤ら顔専用の化粧品を使用し、正しい洗顔方法でスキンケアをすることが敏感肌の赤ら顔の改善になります。


ページのトップへ ▲

アロマで敏感肌対策

芳香による療法で心と体の健康と美しさを保つ植物療法であるアロマテラピー。アロマテラピーによって心身ともにリラックスすることもおすすめの敏感肌対策法です。方法は簡単。市販のアロマランプやアロマポットを使用したり、お湯を入れたカップにオイルを垂らすだけでもアロマの香りが広まり、安らかな気持ちになります。入浴の際にオイルを浴槽に入れるのもおすすめです。敏感肌対策法としておすすめのエッセンシャルオイルは、ラベンダー、ローズ、ネロリ、ローズウッド、メリッサなどがおすすめです。敏感肌の場合はオイルによってはかぶれたりすることもあります。オイルマッサージなどを行う際は、必ずパッチテストを行ってから始めましょう。最初はオイルの量は少なめにして行うことをおすすめします。アロマの持つ香りでお肌も体も健やかに、リラックスしてストレスをなくすこともおすすめの敏感肌対策法です。


ページのトップへ ▲

Copyright (C) ダイエット・美容ガイド! All Rights Reserved.