ダイエット・美容ガイド!

あなたはメタボリック予備軍?
HOME >> あなたはメタボリック予備軍?  ※リンクについて(運営者)

あなたはメタボリック予備軍?

.

メタボリック症候群って何?

お腹の出ている人を見ると「メタボでは?」と言いたくなるくらい、今ではメタボリック症候群という言葉が浸透してきたように思います。本当にお腹が出ているとメタボリック症候群なのでしょうか?メタボリック症候群とは何でしょう?メタボリック症候群に定義はあるのでしょうか?メタボリック症候群(シンドローム)は直訳すると、何を意味するかというと代謝異常症候群を意味し、内臓脂肪症候群ともいわれています。メタボリック症候群とは何かというと、内臓脂肪がたまり過ぎてお腹周りが大きくなり、この内臓脂肪から分泌される生理活性物質(アディポサイトカイン)に異常が生じたり、インスリンというホルモンの作用がうまくいかなくなり、高血圧や脂質代謝異常、高血糖などが発生する病気です。さらに、脂肪肝や高尿酸血症などを発病する危険性もあります。


ページのトップへ ▲

過食はメタボリック症候群の原因

メタボリック症候群の原因は何でしょうか?メタボリック症候群の原因は、遺伝、食べ過ぎ、運動不足などがあげられます。また、メタボリック症候群は不適切な生活習慣が原因で起こる生活習慣病の一つといわれています。特に肥満の増加によってメタボリック症候群は問題視されるようになったといってもいいでしょう。男性の中高年の肥満。この割合はこの20年で増加傾向にあります。その原因には食生活の変化があげられます。日本人の食生活をみると、摂取エネルギーに変化はありませんが、脂肪の割合、アルコールの割合が増加しているのです。また、メタボリック症候群は男性は女性に比べて5倍といわれています。この原因は、男性ホルモンは内臓脂肪をためやすく、男性は早食い、高脂肪や高カロリーのものを好み、食べ過ぎてしまう、という傾向があることがあげられます。


ページのトップへ ▲

メタボリック症候群を認識するのは難しい?

たまってしまった内臓脂肪を減らすこと、生活習慣を変えること、メタボリック症候群を解消するために必要なことですが、そう簡単にはいかないでしょう。メタボリック症候群を解消するのは難しいといえるかもしれません。まず、メタボリック症候群は自分がそうであり、それを解消しなければならないという自覚をすることが難しいのです。メタボリック症候群を解消せず放置しておくと生命の危機に関わる病気を引き起こすということを認識し、お腹が気になりだしたら、または仕事などで忙しいから難しいと言わす、定期健診を必ず受けましょう。内臓脂肪を減らすための食事療法、運動療法を行い、生活習慣を振り返りそれを見直さなければ、メタボリック症候群の解消は難しいのです。それを実行する強い意志を持つことができなければ、メタボリック症候群の解消は難しいかもしれません。


ページのトップへ ▲

無理のない運動がメタボリック症候群を改善

運動は少しずつでも長く続けることが、内臓脂肪を減らし、メタボリック症候群の改善につながるコツでもあります。そのためには無理はしないこともコツです。メタボリック症候群の人はお腹が出ていて、腰に負担がかかっている場合も多く、またひざの痛みなどを抱えている場合もあるでしょう。無理な運動は、メタボリック症候群の改善にならないばかりか、体を痛めてしまいます。そういった体への負担を軽くするためのコツはストレッチ。運動をする前は入念なストレッチを行い、運動後もストレッチを行うことが疲れを残さないコツです。そしてストレッチを行った後、筋肉をつけるための筋力トレーニング、脂肪を燃焼させる有酸素運動を行うことが、メタボリック症候群の改善のコツです。ウォーキングや水泳などは一人でも行うことができますが、スポーツクラブなどへ通ってトレーナーなどからアドバイスをもらいながら行うのも、運動を長く続けるコツです。


ページのトップへ ▲

内臓脂肪

Copyright (C) ダイエット・美容ガイド! All Rights Reserved.